スタッフブログ

こんにちは。新米診断士のサムです。

当店ではほぼ毎月「外壁塗装セミナー」を開催しておりますが、その中の内容で評判が良いのが「業者や見積書の比較方法」です。
もちろん完璧な比較方法はないと思いますが、やはり、3社くらいから見積書をもらってみると見えてくるチェックポイントがあります。


悪い見積
悪い見積書
良い見積
良い見積書

まず、なんでも「一式」にまとめて金額を出してくる業者には要注意!
一見、お安い塗装工事も、詳細な内容が記載されていないということは、もしかすると工事開始後に・・・

「それは別料金です!」
「あれとそれとそれも別料金いただきます!」

などと、追加、追加で、気が付くとたいへん高額な工事代金になってしまうことも考えられます。


なので、できれば、「壁面積○○㎡」に対して「単価○○円」の「○○塗料」を「○○回塗り」するので合計いくら・・・
などと、各工事項目に対して、できるだけわかりやすく詳細に記載されている見積書が安心だと思います。

さらに、見積といっしょに、家の傷み具合を診断した写真付きの診断書などを提出してくれるようなら、かなり真剣に取り組んでくれる業者ではないかと考えることができます。
それから、外壁塗装の塗り回数ですが、現在では3回塗りが基本です。なので、「3回塗り」が明記されているかどうかも念のため確認したほうがいいかもしれません。

ただ、「〝基本が〟3回塗り」なので、壁面の傷みがひどい場合などは、4回も5回も塗ることもありますし、逆に鉄部、木部の付帯部などはケレン(研磨作業)などの
下地調整を念入りに行い、塗りは2回というような場合もございます。
その他、サイディングを使用している住宅なら、壁材と壁材の間のゴム状の目地を取り換える「シーリング工事」の代金が入っているかなども重要です。

だいたい、シーリング工事は1軒分が20~30万円くらいで、計上されているはずなので、その金額が入ってない場合、「なぜ入っていないか?」を先に確認したほうがいいです。
後から追加で請求されても困りますし、傷んでいるシーリング(目地)を放置し、上から塗りつぶしてしまうような塗装工事なら悪質です。
その他、まだまだ思いつくところはございますが、長文になってしまいますので、今日はこのへんで失礼します。


以上、胃腸炎(ストレス性?)が長引いている、、、サムでした。
こんにちは!住宅リフォームアドバイザー 勝見です!

いろいろなお客様とお話しをしていると、現在のお風呂にご満足している方は、残念ですが、少ないように思います。
もちろん、年数が経つにつれての汚れや冬の寒さなどで、少しづつお風呂を新しくしたいお気持ちが湧いてくるからだと思います。
また、温泉ブーム?なのでしょうか?広いお風呂にあこがれるのも当然のことかと思います。

今回、お風呂の増床計画を立てられているお客様の工事風景をご紹介します。
お風呂増床
お風呂増床
①壁を取り壊す
②基礎を新設
③柱を立てる
④ひさしを造作
⑤壁
と、大まかな工程を経て、足の延ばせるお風呂に変身していきます。
お風呂増床
お風呂増床
もう少しで完成しますが、ご紹介できたらと思います。

少々工期と費用はかかりますが、お家でゆったりお風呂が楽しめますね!
何なりとご相談いただければと思います。
こんにちは。新米診断士のサムです。

外壁塗装には、鉄部塗装がつきものです。いわゆる、磁石がくっつく、鉄でできた部分の塗装です。
例えば、トタン屋根、鉄製フェンス、雨戸、シャッターボックス、霧除け屋根、外階段など
調べてみるとだいたいどこのお宅でも鉄部が何か所かあるものです。
その鉄部、他の場所と決定的に違うのは「錆びる」ということです。
トタン屋根
サビは放っておいて自然に良くなることはなく、放置するとドンドン悪くなるので
とにかく一刻でも早くメンテナンスをすることが重要です。
さて、そのメンテナンスですが、サビを落とし(ケレン作業)、サビ止めを塗って(下塗り)から
仕上げ塗装をする、、と、文章にすると簡単なのですが
いざ、自分でやろうとすると、かなりの労力を使います。

また、作業を適当にやってしまうと、結局サビの進行を止められず、最後は鉄に穴が開いてしまい
高額な溶接補強などを工事屋さんに、お願いしなくてはならなくなってしまいます。
ですので、外壁塗装をする際は、ぜひ鉄部塗装もいっしょに、ご相談いただければと思います。
鉄製フェンス

ちなみに、アルミサッシの窓枠やベランダ手すりなどは
見た感じ鉄に似ているので塗ってもらいたくなっちゃいますが、
普通に刷毛やローラーで塗装してもすぐに塗装が剥がれてきて
かえって汚くなっちゃいますので、塗装しない方がいいと思います。


以上、法事が近いので必死に風邪を治そうとしている
、、、サムでした。
こんにちは。新米診断士のサムです。


外壁塗装(塗り替え)のお見積は、ただ壁の面積を計算するだけでは、できあがりません。
実際、私がお見積する時にも、破風、軒天、窓枠などの付帯部と言われる部分の素材や仕様、相性の良い塗料選びなどにかなりの注意を払ったりしています。

例えば、最近、現場調査した中で、窓枠や窓の格子が木製のお宅が何軒かあったのですが、、、
そんなとき頼りになるのが「キシラデコール」。

 「キシラデコール」・・・???

ケータイ電話の新しい料金プランじゃありません。実は業界では有名な木製保護塗料の製品名です!
木窓枠塗装剥がれ
木窓枠塗装剥がれ
この塗料、普通のペンキと違い、木材に浸透し、余計な塗膜を作らないので

 =(イコール)通気性があり、木の呼吸を妨げないので、

 =(イコール)塗装が膨れてきたり、割れたりしにくい

、、、といった特徴をもったスグレモノ!!


さらに、腐りにくく、防カビ・防虫効果もあるので一石二鳥!!!

そんな木部にやさしい塗料なもんで、木部塗装のご提案の中に、「キシラデコール」の名前が入っているか?
なぁ~んてところも、ちょっと気にして見積書を見てみるのもいいんじゃないでしょうか?

以上、風邪を串カツ田中の「ニンニク串カツ」で治した(?)
、、、サムでした。(5本はイッちゃったかな?)
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーの宮崎です。

1月も半分が過ぎ、18日に雪が積もったり、今週の土曜日、日曜日にも雪が積もるなどの話があり、外の風景も本格的に冬を感じる季節になってきましたね。
外回りをしている時には、冬対策が長袖のヒートテックのみだと厳しくなってきました。

さて、今回のテーマは・・・
「内窓」です。

先日、とあるご自宅で内窓の設置工事を行いました。
そこのご自宅は居間とキッチンの窓の部分を以前に内窓を設置されていたお客様でした。
内窓施工前
内窓施工前
内窓施工後
内窓施工後
今回は、玄関とトイレ、脱衣場、の三箇所に内窓を検討されているとの事でした。

内窓を新たに検討された理由は、内窓を付けられている部屋と付けていないところの
温度と快適さに差が出てきて他の箇所にも必要になってきたとのお話しでした。

以前、内窓について書いた事がありますが、内窓は基本的にはどこにも付けやすくて
省エネや防音、結露の抑制、防犯対策などの特徴があります。

外窓と内窓で出来る空気層で断熱効果を上げ、内窓は複層ガラスなので断熱効果が更にアップ。二重構造の特性上、防音効果にも優れています。また、内窓部分にも施錠があり防犯対策も安心です。
季節の変わり目や、寒さがピークの時、熱さがピークの時、1年を通していつでも設置がしやすい内窓、大人気です。

写真は、トイレの窓の部分で施工前と施工後の写真です。
こんにちは。新米診断士のサムです。

一見きれいな屋根でも、よ~く診断してみると、いろんな劣化症状が見えてくるものです。
今回ご訪問したお宅の屋根は、パッと見、とてもきれいでした。
ただ、10年以上塗り替えていないとご主人がおっしゃっていたので念入りにチェックしてみると、、、
棟押さえと釘ぬけ
屋根の一番上の部分にある「棟押さえ」と呼ばれる金属(主にトタン)の部分に歪みを発見! さらに釘も抜けかかっているみたいです。
地震大国ニッポンだけあって、10年も経つと建物の揺れによってどうしても釘が抜けてきてしまうようですね。

でも、ご安心ください。
屋根塗装の際には、このような抜けかけた釘もしっかり打ち込み直し、棟押さえの金属部分のサビなどもしっかり落とし、サビ止めを塗りこんでから、塗装作業いたします。
もちろん、スレート屋根のヒビなどもしっかりコーキングで接着しきちんと修繕してから塗装いたします。
屋根クラック部 コーキング処理

屋根は普段あまり見ることのない場所ですが、一番厳しい環境にさらされている場所ですので、ぜひ定期的な屋根塗装などのメンテナンスをよろしくお願い致します。

以上、家のブロック塀の下塗りが完了した、、、サムでした。
こんにちは。新米診断士のサムです。

屋根をチェックしていると圧倒的に多いのは「スレート瓦」の屋根です。
「カラーベスト」とか「コロニアル」などと言われることもありますが、調べたところメーカーごとの商品名の違いのようです。
そんな「スレート屋根」ですが、やはり外壁と同じく、またはそれ以上に、紫外線や雨などによる影響を強く受けてしまう場所です。


藻やコケの発生
藻やコケの発生
実際、診断させていただくのは、築10年(前回塗り替えから10年)以上のお宅が多いのですが、ほぼ100%のお宅で、屋根に何らかの劣化症状が見られます。
一番多いのは、コケや藻の発生でしょうか。

主に日が当たりにくい北側の屋根に多く発生しますが、この状態を放置しておくと、屋根が常にジメジメした状態になり、その結果、塗装を傷め、屋根材自体も傷めることになってしまいますので、たいへん注意が必要です。
最近、現地調査したお宅の屋根などは、20年~30年塗り替えていなかったようで、長期間の劣化放置のせいで、屋根自体が人が上に乗ると穴が開きそうなぐらいボロボロにもろくなってしまっていました。

そこまで劣化が進むと、屋根の葺き替えが必要になってしまうことも多いので、そうなる前に、早めの屋根塗装(塗り替え)でメンテナンスをお願いしたいです。
ちなみに、屋根塗装は外壁塗装といっしょに施工させていただくと足場代金やら塗装代金やらを割引できて、屋根単体で塗装するよりお得になるケースが多いですので、ぜひ合わせてご相談くださいませ。


以上、今度は「dアニメストア」で「テラフォーマーズ」を見始めた、、、サムでした。
こんにちは。
新米診断士のサムです。

今回ご訪問したお宅のサイディングボードはかなり劣化が進んでおりました。

場所はベランダ部分でしたが、南側なので強い紫外線を長期間浴び続けたせいで、ボードのつなぎ目(目地)の部分が
完全に割れて、奥のボンドブレーカー(青いテープのようなもの)も見えてきてしまうくらいの劣化です。
ボンドブレーカー

少しのヒビでも水が浸入する恐れがあるのに、ここまで大きな割れ(すき間)だと、完全に水が浸入しているかと思われます。
その証拠に、ボードが水を吸ったり乾いたりをくり返すことで起きやすい、ボードの反りも確認でき、その反りのせいで
ボードに打ちつけてある釘の部分からボードに亀裂まで入ってしまっていました。
ボンドブレーカー

詳細な調査が必要だと思いますが、現状ではひび割れをコーキング(接着剤)で修繕した後に塗装をしなおせば直る可能性はあります.
ただ手遅れになるとサイディング自体の交換が必要になってしまうので、とにかく至急の手当てが必要だとご提案いたします。
ボンドブレーカー

それから余談ですが、文中にでてきた「ボンドブレーカー」とは、壁のボードとボードを両端だけで接着させ、奥の目地材には
くっつけないようにするために貼られたテープのようなものです。
ボードの端と端をシーリング(目地のゴム状のもの)で2面接着することにより、地震などで揺れても、シーリングが切れにくく強度が増します。
逆に奥の目地材にまでくっつけてしまう3面接着では、シーリングが切れやすいので施工には注意が必要とのことです。



以上、忘年会の「食べ放題」が安すぎて日本のデフレが心配になった、、、サムでした。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当のリフォームアドバイザー、宮崎です。

最近、外回りの営業中にワイシャツの中がヒートテックのみだと厳しい寒さの時は耐え切れず
そろそろ新しい防寒具のアイテムが必要だと冷たい風を感じながら思う今日この頃です。

さて、今回はこの時期にうってつけの「浴室暖房乾燥機」について語ります。
皆さん、浴室や脱衣場には季節を通して色々悩みがあると思います。特に、冬場の浴室で悩みが多いのが・・・

シンプルに、お風呂や脱衣場が寒い!高血圧や糖尿病などの持病をお持ちの方で、ヒートショックの影響が心配!
浴室の中の湿気が原因でカビの掃除がいつも大変!

という、声をよくお聞きします。
そんな、悩みを解決してくれるのが浴室暖房乾燥機です。
浴室空調
浴室空調
浴室空調
浴室暖房乾燥機は、お風呂に入る前にスイッチで暖房を着けるだけで浴室の中が温かくなります。温かくなることにより、急激な温度変化が抑えられヒートショック対策にもバッチリです。
また浴室乾燥機能付きのタイプを選んでいただくと、浴室の中の湿気を取り除きカビ対策も出来ます。その他の機能では衣類乾燥が出来る機能をもったタイプもあります。
衣類乾燥機能が使えれば、雨や梅雨の時期、花粉などが気になる方も浴室で衣類の乾燥が出来ます。

浴室暖房乾燥機には、100Vと200Vがありパワーの違いが、浴室の中の温かくなるスピードや、衣類乾燥の速さなどがスピーディーになります。
100Vだと、大体10~15分程で浴室の中が温かくなります。200Vだと、あっという間の5分程で温かくなります。

現在、お店では写真の三菱さん、Panasonicさん、高洲産業さんの3種類の人気があります。浴室の寒さで悩みの方は
プチリフォームとしても人気のある浴室暖房乾燥機はこの時期、とてもおすすめの一品です。
こんにちは。
新米診断士のサムです。

丈夫で美しい壁材、サイディングボードですが、定期的な(早めの)メンテナンスを怠るとたいへんなことに。。。
最近、現調(現地調査)に行ったお宅では「凍害(とうがい)」ではないかと思われる症状が確認されました。
凍害

凍害とは…
冬場、サイディングボードに浸み込んだ水分が凍って膨張しその部分の表面が浮き上がり剥げていってしまう症状。
「爆裂(ばくれつ)」などとも言われています。

原因としては…、
ベランダの笠木(かさぎ)付近から水が入ることが多いほか、お風呂場、洗面所の近くで発生することも。。。
どうやら、外からの水だけではなく、室内の湿気が悪さをすることもあるみたいですね。

今回のお宅の場合は外部からの浸水でしょうか?「雨樋(あまどい)」が原因だと思われますね。
写真でもわかるように、雨樋が壁にぴったりくっ付きすぎているのが原因の可能性が高いです。
また、何らかの力(例えば雪)で雨樋が壁側に傾いてしまっていることも考えられます。

上記のような理由で、雨が降るたびに壁に水があたり続け、そのせいで壁内部に水が浸入。
それが冬場に凍ってしまい、表面が爆裂してしまったんだと思われます。
凍害

「爆裂」、、、なんていうと、ちょっと怖いですね。

でも、表面が爆裂しても、下地処理をしっかり行ってから、きちんと塗装をすれば、修復できることも多いので
ご自宅がそのような状態になってしまっても、あきらめずに、まずはお気軽にご相談くださいませ。

ただ、手遅れになると、壁の張り替えなどの大掛かりな工事が必要になってしまいますので、とにかくお早めにお願い致します。

以上、サプライズでクリスマスケーキをプレゼントされてご機嫌な、、、サムでした。(自称、スイーツ番長!?)