スタッフブログ

皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

4月になり、温かくなってきた日もあれば、晴れているのに気温が寒い日があったりと
なかなか気温に対しての調整が難しい時期になってきました。
そして、花粉も3月のスギの花粉からヒノキの花粉へと変わり油断の出来ない日が
まだまだ続くなと思いつつも、また花粉で鼻水と咳に苦しめられる日々が始まった今日この頃です。
凍結について2

今回は前回の続きですね。
給湯器の凍結の対策についてです。

給湯器の凍結の対策は、代表的なのはこの2点です。

 ・電源プラグを抜かないようにする。
 ・水道管に凍結防止のテープやチューブで保温をする。

写真では、最初にむき出しになった配管に保温チューブで配管を被い保温します。
そこからさらに保温テープでしっかり保温チューブを巻き、冬場の凍結防止に向けて
備えてる作業の写真になります。
テープまき
給湯器施工
これで、冬場も安心して給湯器がフル活動出来ますね。
多摩地区では冬場の寒さによる給湯器の凍結はあまり不安はありませんが
雪国や北国にお住いの場合は環境の条件がとても変わるため、心配な場合はガス屋さんや水道屋さんに
相談する事が1番です。
もし、給湯器が凍結してしまったり、破裂してしまった場合は、速やかにガス屋さんに連絡して相談しましょう。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当リフォームアドバイザーのミヤーンこと宮崎です。

桜が咲いたと思ったら、雨の日が続いて気が付くと桜の木が侘しくなってきましたね。
外回りで、小学校の前を車の窓を少し開けて信号待ちで止まっていたら
隙間から桜の花びらが少し入ってきて風情を感じました。


今回は、給湯器の凍結について書きたいと思います。

給湯器、凍結、この二つのキーワードが連想される方はどれくらい、いらっしゃるでしょうか?
問合せ時に、給湯器の凍結についても質問される事がありますので
気にされている方は結構、多いいと思います。

では、どういった形で凍結してしまうかというと。
給湯器は、内部に水を通す配管があります。
お湯を使いたい時に、この配管に通っている水を炎で温めてお湯にして給水しています。
なので、蛇口を止めても給湯器の内部や配管の中には水が残ります。
寒い時期は、冬の深夜の時間に、この給湯器の内部や配管の中に残った水が凍りついてしまうことがあります。
夜の気温が0度を下回るような場合は、凍結に注意が必要です。

今回はここまでです。次回は、凍結の対策について少し補足したいと思います。
写真は、給湯器交換工事の一場面です。
ガス給湯器交換作業
ガス給湯器交換作業
こんにちは。【改】劣化診断士のサムです。

外壁診断をしていて、モルタル壁と同じくらい多いのがサイディングの壁材です。
窯業(ようぎょう)系 サイディングなどとも呼ばれます。

サイディングは壁自体の劣化はもちろんのこと
壁材と壁材の間のつなぎ目(目地)のシーリングの傷みがひどいことが多いです。
シーリング目地はゴム状で最初は弾力性があるのですが、紫外線や乾燥
経年劣化の影響で固くなってひび割れたり、隙間が空いたり、剥がれたりしてしまいます。
また、シーリング工事の時、プライマー(接着剤)が不足していたり
シーリング材の充填不足などが原因の場合もあるようです。
シーリング目地交換「打ち替え」追加充填「増し打ち」
シーリング目地交換「打ち替え」追加充填「増し打ち」
サイディングのお宅の場合、上記のような劣化症状が必ずといっていいほどあるので
診断時には、壁と同じくらい入念にチェックします。
そして、実際に外壁塗装(塗り替え)工事をさせていただく時には、まず、シーリング目地を交換(打ち替え)し
その上から塗装していくことになります。

シーリング工事代金の目安としては
完全に目地のゴム状の物を取り替える「打ち替え」が1メートルあたり900円~1200円くらい。
既存の目地の上から追加で充填する「増し打ち(※窓廻りなどに多い)」で1メートルあたり700円~900円くらいが
相場となっております。
ちなみに、サイディングのお宅一軒分のシーリング目地を計測すると約200m~300mになりますので
シーリング工事代金として20万円~30万円くらいかかることになります。

以上のことから、サイディングのお宅の塗り替えは、モルタル壁のお宅と比較して費用が30万円前後
高額になりますが、シーリング工事をまったくやらずに
塗装だけしても、意味の無いことになってしまいますので
見積書の内訳の中に「シーリング工事」という項目があるかどうかをご確認いただければと思います。

以上、吉野家の「豚丼」の復活が嬉しい・・・サムでした。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当のリフォームアドバイザーの宮崎です。

今年ももう早いもので3月末ですね。
天気予報でも桜の開花予想の情報が流れてきたりと花粉以外にも春を感じさせる時期になってきました。
去年は、ライトアップされた夜桜の下でご飯を食べてお花見をしたのですが
今年は、どんなお花見が出来るか楽しみです。

さて、今回は先日工事を行ったときの脱衣室の内装が貼られるまでの流れを少し写真に収めてきましたので、記事にしたいと思います。

お風呂と一緒に脱衣室もリフォーム
お風呂と一緒に脱衣室もリフォーム
お風呂と一緒に脱衣室もリフォーム

今回のお客様はお風呂の改装工事と脱衣室の内装と洗面台の入替をされたお客様でした。
お風呂のリフォームをされる方の中には、一緒に脱衣室のリフォームも考えられる方も多くいらっしゃいます。
その中でも、多い組み合わせは脱衣室の内装と洗面化粧台の交換です。脱衣室も長い間使ってくると
湿気からくる汚れや細かいカビのお手入れが大変になり、なかなか綺麗な状態を維持するのが難しくなったりするところで
お風呂と一緒に脱衣室もリフォームとセットで繋がる方が多い印象があります。
後は、脱衣室の出入り口から見た時にお風呂だけが綺麗で脱衣室とのギャップも気にされて打合せの段階で追加される場合もあったりします。

今回のお客様の場合は、脱衣室の床の一部が湿気やお風呂場からの水漏れからくる腐敗から強度が弱くなっている箇所があり
その部分を補修してから、内装工事という流れになりました。
写真は内装が出来る状態まで補修して、内装工事から仕上がりまでの場面になります。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーの宮﨑です。

前回のブログで喉がガラガラで…というお話しをしましたが、その後、咳で喉が傷付いてしまい
声が擦れ声を越えて出なくなって、初めて週明けに耳鼻科へ行って来ました。
原因は花粉症からの影響でしたが、住宅設備館のイベントにギリギリ間に合い
なんとか声が相手に伝わるくらいまでは、良くなってくれました。
咳はまだ出てきますが、言葉が相手に伝わるってホント便利な事だと感じました。

さて、今回はいよいよ明日に迫ってきました。
「春のリフォーム・外壁塗装祭」  3月12日(土)・13日(日)10:00~18:00に開催です!
イベント準備
アラウーノ実演機!
ちゃんと水が流れて、水流を確認できます。
イベント準備
IHクッキングヒーター実演会場作成中!
イベント準備
豪華景品続々入荷!!


今回のご来場特典は、第三回八王子お店大賞を受賞された伊勢屋さんの桜もちと草もちを2個ずつプレゼント。
更に、ムラウチジョーシンで3,000円以上お買い上げの方はお得なガラガラ抽選会。

当日、現場調査その後ご成約特典で1,000円分クオカードプレゼント。
(お見積り金が30万円以上のお客様が対象になります)

ご成約特典は・・・

100万円以上のご成約でお買物券1万円分。
200万円以上のご成約でお買物券2万円分。
300万円以上のご成約でお買物券3万円分。

ジョーシンギフトカードプレゼント!

展示処分市や外壁塗装セミナー、パナソニックさんのIH、トイレ実演会と内容盛りだくさんでお待ちしております。
2日間限りのお得なイベント!ぜひ、ご来店お待ちしております。

イベント準備
追伸!!! 完成しました!!!

皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーの宮崎です。

前回に引き続き、花粉症と奮闘中です。
喉が痛くてガラ声になってしまい、喉がスーッとするスプレーを買いました。
しかし、喉にスプレーをかける度にオエッてなってしまい困っている3月上旬です。

工事を行う前の写真
1枚目は、工事を行う前の写真です。
タイルのお風呂をお使いで、お掃除の手間や冬場の寒さを改善したいという事で、今回リフォームを行うきっかけになりました。
土間打ち・配管整備
2枚目は、解体後に土間打ちや基礎補修が終わり、新しく入るユニットバスに合わせて、配管の調整工事が終わったところです。
いよいよシステムバスが設置されます。
組み立て終了
3枚目は、システムバス設置後の写真です。
お風呂は組み立てた当日は隙間に水が入り込まないようにする為のコーキングがまだ乾かないのでお風呂に入れる日は組み立てた次の日の夕方からになります。

システムバスは、タイルのお風呂と比べると格段にお掃除などのお手入れがしやすく、浴室暖房機のグレードによっては
寒い時は暖房、梅雨の時期には衣類乾燥、湿気が気になる時は換気、蒸し暑い時は涼風と浴室の中を快適にしてくれる
優れものとなっています。

一日の終わりや始まりで毎日使う所なので、快適に過す為のポイントになりますね。

こんにちは。新米劣化診断士のサムです。

ご自宅の外壁に関する悩みの中で、やはり多いのは「ヒビ」「汚れ」「カビ」などに関するものです。
これらの悩みはすべて外壁塗装で解決できるものですが、塗料などの選択を間違うと、きちんと直らないこともあるので気を付けましょう。

まずは、ヒビ(クラック)を直したい場合、どのような塗料を選んだら良いのでしょうか?
例えば大きなヒビ割れなどにコーキング(接着剤)をきちんと使って手当てするのは言うまでもありませんが
塗装の下塗り剤に「弾性塗料」を使い、それを厚めに塗るのが効果的です。
「ヒビ」「汚れ」「カビ」
「ヒビ」「汚れ」「カビ」

「弾性」って何?って思われる方も多いかと思いますが、

要はゴムのように弾力性があり、その弾力性で下地のヒビなどをしっかりカバーし、ヒビ割れに追従し、埋めてしまう、、、
それが「弾性塗料」なのです!!(通常の塗料の10倍くらい弾力があるそうですよ)

有名なところでは、ニッペの「アンダーフィラー弾性エクセル」なんかがありますが、特にモルタル壁の塗り替えなどに使うと効果的ですね。
ちなみに、ここ最近、圧倒的に増えている「窯業(ようぎょう)系サイディング」の外壁の場合には「弾性」の塗料を使ってしまうと
夏場の熱で膨れてきてしまうことがあるようですので、サイディングには「弾性」までいかない「微弾性(びだんせい)」の
「サーフェーサー」、例えば、SK化研の「水性ソフトサーフSG」などを下塗り剤に選ぶと良いでしょう。
またそれほど、ヒビがひどくなければ、「水性シリコン浸透シーラー」などの「シーラー」という下塗り剤でもOKです。

おっと、ちょっと文章が長くなってしまいました。

残りの悩み「汚れ」「カビ」ですが、最近の塗料はほとんどが「防汚機能」だったり「防カビ剤」が入ったりしていますので、外壁塗装をすれば、即解決しちゃいます!
(一応、確認したほうがいいと思いますが。。。)

以上、「あまちゃん」以降、朝ドラ大好き、、、サムでした。

皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーの宮崎です。

今週は急に冷えてきたなと思ったら、次の日に雪がうっすら積もっていてびっくりしました。
そんな中、花粉シーズンの到来です。

毎年、春の花粉(スギ花粉、ヒノキ花粉)には苦しめられる体質の為、鼻水、くしゃみ、目の痒みと大変な時期がきてしまいました。
鼻に優しい、保湿テッシュが手放せない今日この頃です。

さて、今回は脱衣室の床について書きたいと思います。
水廻りでお風呂の工事を行っていると脱衣室も内装の貼り替えや床の補修などの工事も一緒に行うケースがよくあります。
今回は、その中でどなたでもあり得るケースついての内容です。
脱衣室床下地

脱衣室の場合は、浴槽との出入り口付近が一番フカフカして床のクッションシートがめくれ上がってくる症状をよく見かけます。
これは、クッションシートの下にある下地の板の部分に水や湿気が長い時間をかけて乾く前に含んでいき下地の板が腐っていき
クッションシート自体が下地との粘着力がなくなり傷んでくるケースです。
脱衣室はお風呂場からの出入り口もあるので、10年、15年使用していると、ケースとしては十分あり得る為
皆さんもご自宅の脱衣室で思い当たる風景があるかもしれません。

今回は、お風呂場との出入り口から半分、洗濯機の防水パンが一部劣化して錆びて穴が空いてしまい
そこから下地まで水分を含んでしまって、残りの半分の面積の下地も手で掴んで簡単にボロボロと崩れる位、傷んでいました。
傷みは根太の方までいっていたので、今後の耐久性の事も考え根太も含めてお客様とお話しして補修させていただきました。
BEFORE
脱衣室床下地
→
AFTER
脱衣室床下地
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーの宮崎です。

最近は温度が上がったり、寒くなったり、雨や雪などの気候の環境変化に体調がついていけなかったのか
喉の痛みの違和感から鼻水や咳出て、熱は全く出ていないので、体は元気なのですが、すっかりマスクが手放せない日々を過ごしている今日この頃です。

さて、今回はお風呂の改装工事を今行っているので進行状況などを記事にしたいと思います。
お風呂解体

写真の一枚は、お風呂の解体中の写真を撮った一枚です。
一日目は、基本的にお風呂の解体などに一日使います。
今現在は、タイルのお風呂を使われていたので次にシステムバスを入れるために現在のお風呂を全部取って丸裸にします。

そして、ここで大事な部分をチェックしなければいけません。
それは、浴室の基礎部や柱部(木部)が傷んで(腐って)いないかどうかです。
傷んだままだと、壊れやすくとても危ないリスクがあります。


木部の傷み
修復土間打ち

そして、もう二枚の写真が、腐っていた部分と綺麗に補強して土間打ちが終わった写真になります。
これで浴室側のベース部がしっかり補強されて、地震等が来ても安心な状態となっています。
こんにちは。新米劣化診断士のサムです。

毎日、いろんな外壁塗装のお見積していると、初めはわからなかったいろいろなことが見えてきます。

特に最近思うのは、「きちんとした下見なしでは安易に塗装の価格は出せない」ということ。
なぜなら、建物の構造、壁の種類、傷み具合などによって、必要な塗料の数量や職人さんの作業量などが全然ちがってきてしまい
それを正確に把握しないことには、正確な見積価格が出せない。。。 いや、出すべきではないからです!!
吹付塗装
ジョリパット

【まずは建物の構造について】

同じ建坪でも、複雑なデザインの家は四角い家と比べて、単純に壁の面積は大きくなりますし、複雑なデザインということは
それだけ職人さんの手間がかかるので、それだけで見積金額が高くなる場合が多いです。
その他、庇(ひさし)、出窓、ベランダなど、出っ張った部分が多い家も、少々金額が高くなりがちです。


【それから壁の種類】

表面が滑らかでつるつるしている壁は、塗料のノビも良く、作業もはかどるのですが、例えば「リシン」「スタッコ」などというモルタル壁の場合は
表面の凸凹が粗く、塗料を吸い込みやすい砂壁のような特性を持っているので、作業がなかなか進まず
塗料もたくさん使う =(イコール)見積金額が高くなる、、、そんなことが想定されます。
あと、おしゃれな「ジョリパット」という塗り壁も塗料の吸い込みが多いので、見積金額が少々高めになる場合があります。
折板屋根塗装

また、鉄部や木部が多く、しかも、鉄部がサビサビ、木部がボロボロに腐っている、、、なんてことになると、塗装屋さんだけじゃなく
大工さん、板金屋さんを連れてこなくてはいけなくなってしまうので、その分、人件費、材料費が高額になります。

他には、屋根が折板屋根だとすると、形状が波状になっているので
面積は通常の1.5倍くらいになり、価格も1.5倍になってしまう・・・というようなケースもあります。

以上のような内容は、やはり現場調査をしないとわからないことであり、正確なお見積りをするためにも、必要なことなのです。

ただ、これらの現場調査による外壁診断、お見積りはすべて無料で行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
よろしくお願い致します。


以上、ヨーグルト大好き、、、サムでした。