シロアリの恐怖が静かにそして深く侵攻しているかもしれません

シロアリ柱補強
シロアリ蟻道
シロアリ

リフォームや外壁塗装などの家のメンテナンスを長い間やっていないと
もしかしたら、シロアリの恐怖が静かにそして深く侵攻しているかもしれません。。。

今日は、そんな怖い怖いシロアリ撃退の現場にお邪魔させていただきました。

こちらのお宅、たまたまお風呂の入替工事の際にシロアリが発見されたようですが
とにかくお風呂の壁の内側、柱の部分がボロボロに食い散らかされ危うく倒壊一歩手前!

そして、その柱をつたって移動したのか、玄関近くの壁の内部やら、表の物置のほうにまで
活動領域を広げていました。(または物置のほうから侵入したのか?)

で、その怖いシロアリをどのようにやっつけるのでしょうか?
シロアリ撃退業者さんにその撃退方法を一部見せていただきました。

まず、壁を剥いだ状態のお風呂場では、シロアリに殺虫剤で直接攻撃。(これはあたりまえか?)
問題はその他の壁の中、目では見ることのできないシロアリをどうやってやっつけるのか?
それは、シロアリが潜んでいるだろう壁や柱を注意深く押したり叩いたりして、おおよその見当をつけ
そこにドリルで小さな穴を複数あけ、そこから殺虫剤を注入するというものでありました。(これもけっこうあたりまえか?)

それから駆除に使う殺虫剤ですが、乳白色の液体で、もっと刺激臭がするのかと思いきや
ほとんど気にならないレベルの匂いで、安全性を感じました。

また、プロの業者の方のお話では、一回、シロアリの被害にあったということは、その家がシロアリが
すごしやすい環境だということなので、定期的な(3~5年に一回程度)メンテナンス(シロアリチェック)を
したほうが安心とのことです。

ちなみに、今回のシロアリ駆除業者さんの場合、5年保証付きだそうです。
最後に余談ですが、外装劣化診断士の試験勉強でさんざんでてきたシロアリの通り道=蟻道(ぎどう)も
直に確認することができ、たいへん参考になった一日でした。

うちのお風呂場も20年以上リフォームしていないので、シロアリチェックしてもらおうかな。。。?