教科書通りの外壁劣化事例が満載で、不謹慎ですが…

こんにちは! 高橋です!

「外装劣化診断士」の資格取得のため、日々(?)勉強中の私ですが
今日、お伺いしたお宅は、教科書通りの外壁劣化事例が満載で、不謹慎ですが、ちょっと嬉しくなってしまいました。

まずは外壁劣化のサイン「チョーキング」。
壁に触れると手に白い粉が付いてしまうこの現象。壁の防水性がかなり低くなっており、そのまま放置すると外壁が腐ってしまうこともあります。

それから、「窓枠などから壁にクラック(ヒビ)が入りやすい」って、よく教科書に書いてありますが、こちらのお宅もわかりやすい感じでクラックが入ってました。
ヘアークラック(小さなヒビ)くらいなら問題ない場合もありますが、やはりクラックから壁に水が浸み込み
躯体を損傷させてしまうこともありますので、早めの手当(外壁塗装など)が必要です。

また、気づきにくいところですが、軒天(のきてん)に、黒い染み(カビ)が発生している状態も要注意です。
このような場合、室内には雨漏りしていなくても、屋根から天井裏まで雨漏り(漏水)しているケースも
考えられますので、必ずではないですけど、専門家による診断(雨漏り診断など)も検討したほうがいいかも知れません。

さらに、軒天よりもさらに見ることが少ないであろう「屋根」も10年に一度くらいは塗装しなおしたほうがいいかも知れません。(瓦屋根などは除く)

とにかく屋根が一番過酷な自然環境にさらされてますので、ちょっと離れた場所や高いところから眺めてみて、色がくすんでいたり
コケのようなものが生えていたら、迷わず屋根塗装やっちゃいましょう。

手遅れになると、屋根は塗装も、修繕もやっかいですよ~。外壁塗装などで、どうせ足場を組むなら、絶対に屋根塗装いっしょにやりましょう。

雨漏り、、、怖いですから。
チョーキング
窓枠からクラック
軒天に黒カビ
屋根の劣化