スタッフブログ

皆さん、こんにちは!

ムラウチリフォーム八王子店のリフォームアドバイザー、ミヤーンです。

 

本日は早くも沖縄の梅雨明けが発表されたということで、関東はまだ梅雨に入って

間もないので梅雨明けが発表された地域があるのは不思議な感覚です。

 


P6121290-e1498119758885
P6121294-e1498119839655
P6121296-e1498119878664

さて、今回は先日パナソニックのメーカーの方にIHクッキングヒーターの

勉強会をしていただきました。

 

改めてIHの基本的な知識の見直しや、実際に調理してみるなどの実演を含めた勉強会でした。

 

写真の風景はパナソニックのIHクッキングヒーター、KZ-W363SKZ-LX6S

違いを講師の方に教えていただいている場面です。

P5171416_

こんにちは、かつみです。

今日は初めてのケースの下見を報告します。

2階にトイレがないので、写真の場所にトイレを新設したいとご要望がありました。2階の間取りからトイレを設置するにはこの場所しかないので、なんとか設置してあげたいと思います。

まだ見積りの段階ですが、決まりましたらまた報告して行きたいと思います。

P3291089
新店舗の外観はこちら!!
皆さん、ご無沙汰しております!

水廻り担当リフォームアドバイザーの宮﨑です。

ご報告が大変、遅くなってしまいましたが....

この度、旧ムラウチジョーシン住宅設備館からムラウチホビー住宅設備館へ場所を移動して新出発する運びとなりました。

当店は4月よりグランドオープン!!

【営業時間】

OPEN 9:00 ~ CLOSE 19:00

年中無休

是非、この写真の外観を発見して当店のショールームへご覧下さい!お待ちしております。
皆さん、お久しぶりです。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

気が付けば10月2日からブログの更新が出来ていませんでした。
そんな10月はあっという間に過ぎてしまったのですが、久しぶりの更新です。
すみません。

前回は土間打ちのコンクリート作っているところでしたね。
あの作ったコンクリートをどのように活用したのかが今回の内容になります。

あの混ぜたコンクリートはユニットバスを置く土台の基礎の部分になります。
写真の様にしっかりとコンクリートならして、しっかり乾かし
その上にようやくユニットバスがおける条件が整う流れになります。

ある意味ここで脱衣室からのバリアフリーを少し調整している箇所になります。

塗ったばかりのコンクリート見た目も綺麗ですね。
ユニットバスを置く土台の基礎の部分

ユニットバスを置く土台の基礎の部分

ユニットバスを置く土台の基礎の部分
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

10月になりましたね。子供の頃は10月というと運動会のイメージがあったのですが、
小学校5~6年生くらいから運動会が5月に代わり、10月は持久走というイベントの
イメージに変わった思い出がありますが、今の小学校や中学校は持久走とかあるんですかね?
走るのは好きだったので割と好きな学校イベントの一つでした。

さて今回は、お風呂をシステムバスに入れ替えるときに土間打ちという、コンクリートで
システムバスのしたの土台部分を平面に作る作業のコンクリートを作るところの写真を収めてきました。
土間打ち

土間打ち
コンクリートを入れる土管は使う量は多く必要になってくるため、とても深くて大きいです。
また、スクリューみたいな機械でしっかり混ぜやすい大きさになっているみたいです。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

最近は、ようやく天気の日も増えてきましたね。
久しぶりの天気だったので休みの日に外に出かけて都内を歩き回ったら
くるぶしの所が靴擦れをおこしてお風呂に入る時にピリッとしました。

さて、今回はお風呂解体のお話です。
従来のお風呂からシステムバスに入替をする時に既存のお風呂を解体するのですが
解体現場ではこういうケースもあります。
お風呂解体のお話
お風呂解体のお話
お風呂解体のお話

浴槽横のタイルのスペースの中にぎっしりコンクリートが詰まっていて
石も沢山入った状態でコンクリートを流しこんであった場合、解体が物凄く大変です!
まず、普通の解体方法ではコンクリートが取れないため、専用の機具と時間と体力が必要になります。
僕も、この写真を撮っている時に現場に少しいたのですが30分くらいで鼻の中と
髪の毛がコンクリートの粉で真っ白になってしまいました。
現場での解体が難しいケースは本当に大変です。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

前回、歯茎に口内炎がという記事を書きましたが、口内炎があれから下唇にもう一つ
増えてしまい、口内炎の2つに苦しめられています。
口内炎って確か、ビタミンCが足りてないんでしたっけ?補充しなきゃですね。

お風呂の解体時に従来の浴槽を撮ってきました。
浴槽の周りに巻かれているのお湯を溜めたときに温度下げないための保温材です。

従来の浴槽

従来の浴槽

写真で見ても分かるように当時は薄い生地の保温材です。
最近のシステムバスの浴槽の保温力は、平均的に4時間で温度低下は2.5℃以内!と言われています。

浴槽の断熱材だけでなく、断熱フタも装備されている点がとても大きいですね。
浴槽とフタの二重の保温力で温度低下に対してとても効果的になっています。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

最近、まさかの歯茎に口内炎が出来てしまい、食事が辛い日々を送っています。
口内炎って歯茎にも出来るんですね。こんなところに初めて出来ました。

今回の写真はシステムバスの浴室暖房のリモコンを壁に着けて、内装も終えるまでの写真です。
1枚目は、内装を張り替える前です。
 浴室暖房のリモコンを付けるために付ける位置に穴を開けて、リモコンを付ける準備をしています。
 また、スイッチの位置もこのタイミングで変更しました。
2枚目は、浴室暖房のリモコンを取り付けた写真になります。
3枚目は、内装を終えた後の写真です。
浴室暖房のリモコン
内装を張り替える前
浴室暖房のリモコン
リモコンの取り付け
浴室暖房のリモコン
内装も終了
お風呂と一緒に行う脱衣室の内装の工事とコンセントやスイッチの位置の変更は位置を
変更した後に内装をするため仕上りがとても綺麗で、相性の良い工事となってます。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

最近はホント雨続きですね。
週が明けると温度も28℃まで戻るということで、温度の差で体を壊さないように気をつけたいですね。

今回は、内装工事の作業中の写真をベースに記事にしたいと思います。
写真の様子はトイレの内装工事をやってもらっていて、壁と天井の張り替えは終わり
床をやってもらっているところの写真になります。
CFシートのはがし作業1
CFシートのはがし作業2

今まで貼ってあったCFシートが年数の経年劣化もあり剥がすのになかなか苦戦する感じだったのですが
しっかり剥がし終えて凹凸をなくすようにパテを塗って調整しているシーンの写真です。
パテが乾く時間が必要で、最近の天候の雨で乾くコンディションに少しお時間が必要でした。

今回はトイレも一緒に交換という流れの中で内装も含め、トイレ廻りがガラッと変わった工事でした。
皆さん、こんにちは。
水廻り担当、リフォームアドバイザーのミヤーンです。

今日も、涼しかったですね。台風後の雨ということで、なんだかスッキリしない気分ではございますが
少し肌寒いくらいの気候が好きなのでちょうど過ごしやすい温度でした。
湿度や雨は別として、そんな本日の温度は21℃だったみたいです。

今回は、前回の続きの記事です。
先日の写真は、床や枠廻りの木工事の作業写真でしたが、その後の仕上がり写真になります。
傷んでいたところを補修し、床自体の強度も上がりました。
木工事が終えると下地の綺麗さにいつもまじまじと見てしまいます。
木工事の仕上がりはこんな感じになりました。
脱衣室床補修3

脱衣室床補修2

脱衣室床補修1